保育士として採用されるにあたって確認すべきこと

現在、保育士不足は深刻化しています。

この背景には待機児童解消のために保育施設を増設したことや児童養護施設の職員配置基準が向上したためより多くの保育士が必要となったことがあります。

そして採用を前提に就職説明会を開いても人が集まらないという現状があります。

そのため求職者側にとっては保育士として採用される機会が増えている状況が続いていますが、長く働くために二つことを押さえておく必要があります。

まずは勤務条件です。

OKWave情報を探しましょう。

保育業界は有資格者であるにも関わらず保育業務についていない人が多く、その背景には業務の割に給与が低いことがあります。

例えば週休2日であるが休みの日に行事が入り出勤したが、人手不足のために代休が取れない、業務量が多く就業時間内に終わらずサービス残業が常態化しいるなどといった現状があります。


そこで、採用時点で勤務条件を再度確認しておく必要があります。


二つ目は自分のライフスタイルにあった働き方ができる職場か否かの確認です。



従来、保育士はフルタイムで働くのが一般的でした。

お勧めの保育士の採用の情報サイトを利用して良かった。

しかし現在、多くの保育所では早朝保育や延長保育など保護者のニーズにあった保育を実施するために、アルバイトやパートとしての募集もあります。
また、児童養護施設が地域に小規模園を設けるようになり、子どもの就寝後から起床前までの時間帯を管理宿直者で賄う動きが強まっています。


そのため非常勤としての採用も増えており、保育士自身が資格を生かしながら自らのライフスタイルに合った働き方が可能な時代になっています。

Copyright (C) 2015 保育士として採用されるにあたって確認すべきこと All Rights Reserved.