img-1

専門学校で学ぶメリットと注意点

高校卒業後の進路に進学方法に「大学」か「専門学校」かの選択肢があります。


学歴という面ではまだまだ大学が有利かもしれませんが、あえて専門学校へ進学するメリットと言えば「即戦力」と「技術力」、「資格」が短期間で学べて取得出来るという点です。



専門学校ではある分野において専門的に学ぶ為、短時間での資格や技術取得が可能です。



職に結びつく事が強い専門学校では、いくつかの企業と提携している所も多く、卒業後の進路斡旋もあります。



企業側から見ても、専門卒の人は職業に対しての意識が高く、職業にドストライクして志望して学んできている分、実践を応募の時点で経験している事も強みとなり、期待が出来る分採用しやすいといった事もあります。



専門学校で選ぶ分野によっては国家資格を取れる事も多く、一生手に職をつける事が出来、特に女性は出産で一時仕事を辞めたり離れるケースが多いですが、共働きが必須な世の中、資格があれば就職に有利で社会復帰しやすいという先々のメリットもあります。



一方で注意したい点は、4年生の大学の方が幅広い教養身につけれる為、視野が広がるといった点を高く評価した場合、不利になるケースもあります。



分野にもよりますが、専門で学んだからといってすべての興味ある分野にそのまま就職できるとは限りません。



特にアニメや音響、などの美術系は才能も仕事をする上で大切で好きでも資質が無ければ職に繋げる事が難しい分野もあります。



関連リンク

img-2

転職のために専門学校へいこう

現代の転職事情として資格があるかどうかは非常に重要なポイントであり、すでに何かの資格を持っている人はその資格を使って仕事を探すわけですが、資格があることから年収を伸ばしやすいことは間違いありません。資格を持って専門職で仕事をし始めると、やはり現状の待遇よりもっと良い待遇を求めるようになるので、別に資格を持っていても高待遇なわけではないと思いがちですが、実際には資格を持っていない人はもっと悪い待遇で仕事をしている人は多いものです。...

more
img-3

ギターの専門学校で挫折したら負け

ギターの専門学校は全国に色々とあります。都会に有名な専門学校があることが多いですが、それぞれの地域において何かしらの教室や学校は割と多くあります。...

more